王様と呼ばれる場所

デリヘル、ホテヘル、ピンサロ、オナクラ・・・風俗には様々な種類が存在しており、自分好みの女性やプレイを楽しむ事ができます。
こうした様々な業務がある中で、王様と呼ばれているのがソープです。
かつては、特殊銭湯やトルコ風呂とも呼ばれた場所であり、その名の通りにお風呂屋として営業している風俗店です。

では、なぜこのお風呂屋が王様と呼ばれるかに関しては、プレイ内容の濃厚さと自由度の高さに秘密があります。
通常の性風俗の場合は、風俗のお店として営業しているため、挿入行為などは法的に禁じられています。
しかし、ソープの場合はあくまでもお風呂として営業しており、働く女性はお風呂屋の従業員という設定です。
そのソープで働く女性従業員と恋愛関係に突如発展するという強引なシステムにより、制限の無い自由度の高いプレイを楽しむ事ができます。

プレイ内容としては、お風呂での洗体、マットプレイ、そしてベットでのプレイというのが一般的な流れとなります。
ソープの持つ特徴として、各場所で行われるサービスには泡踊りや潜望鏡など、特別な名前が存在します。
泡踊りは泡を使った洗体、潜望鏡は浴場でのフェラチオであるため、特殊なプレイが行われるという意味ではありません。
しかし、ソープ独自のテクニックも様々に存在しており、他の性風俗にはない特殊性から風俗の王様と呼ばれています。

OUT LINK

archive

category

  • カテゴリーなし